ご家老様の舞台裏

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年は・・・。

<<   作成日時 : 2015/01/12 21:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あけましておめでとうございます。
今年は劇団関係とはほぼ無縁の生活を送るんじゃないかというご家老様です。

 まあ、そんなことなので、このブログも一層更新しなくなるかもしれないし、暇が出来て昔の事ばかり書き綴っていくかもしれないね。
 いずれにしても、更新するにはエネルギーがいる!

 う〜む、ドリンク剤じゃカバーしきれないかも(笑)

 さて、演劇をはなれて、今は仕事以外に何がしたい(仕事はしたくないのだけれどもね)かというと、実は何も思いつかない。

 強いて言うなら、映像がやりたいなあ。

 これも根性と、時間と、お金(まあ、これは工夫次第)がいるので、たぶんやらないと思うけど。



 昔、20歳くらいの時、僕はクリエーターになりたかった。

 その思いはずっと持っていて、いろんなものを作ってきた。

 子供の頃は漫画家になりたくて、高校生の時は映画監督になりたかった。小説だけをずっと書いていた時期もあったなあ。
 演劇と出会いは高校の時だったけれど、自分自身でえんっげきが自分に向いてるとは思わなかった。クリエーターを目指す人は、誰でもそうだと思うけど、あこがれがあって模写していくとこから始まると思う。
 僕は特に強く思ったのだけれど、自分にはクリエーターになる資格はないと思った。何故なら、作るもの、作るもの、すべてコピーだからだ。一時は挫折したね。もう辞めようと思った。

 理由は違っても、今まで何度も何度も辞めようと思った。

 でも、何かを発信したい(悪く言えば自己顕示欲が強いのか、)気持ちが常に抑えきれずに、何かを作ってきた。幸いそれを認めてくれる人もいた。

 話が前後してしまったが、コピーし、アレンジしていくことが自分の持ち味だったのだと開き直って捜索していたころが、一番良いものが作られた時代だったように思う。
 僕にはデザイナーの友達がいて、彼もアナログからデジタルに移行していく過程で目を傷めた。それから写真を始めた頃だったけれど、自分は絵を描くよりもこっちに才能があったみたいだと言っていた。かといって有名になったわけではないのだけれど、自分も絵を描くよりも空間をデザインする事が得意なのだと気づいたよ。
 五十嵐先生のおかげなんだろうけどね。

 という訳で、昨年は何もしませんでしたが、今年は1時間ほど暇があったので、こんなのを作ってみました。

画像



 さいとう焼きの時に、足元にろうそくを入れて、雪灯籠にしてみました(笑)

 人間、こんな時間って、きっと必要だよね。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

MYリンク集

今年は・・・。 ご家老様の舞台裏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる